コインパーキング経営や不動産投資で大富豪|誰でもお金持ち

乗り物

副業をしよう

サラリーマンの不動産経営は、今後も根付いていくと思われます。

お金

サラリーマンの世界は、今後も競争が激しくなり、平均で見れば年収が右肩上がりになる時代が再度到来するとは考えられていません。これは、先進国の宿命とも言えますので、サラリーマンをしながら収入を増やしたいのであれば、本業で好成績を上げる努力をするか、大家などの副業を採り入れるかといった工夫が必要になります。 また、今後はサラリーマンの社会保険料は上がっていくことが想定されていますし、その半分を負担する会社としても給与を上げにくい環境になりつつあります。 そこで、大家業などの副業をする人は増えていくと予想されます。こういった流れに着目して、セミナーや管理代行などを行う業者も増えてきていますし、失敗例があってもサラリーマンが大家を兼ねる流れは変わらないと考えられます。

本業と大家業の位置づけを考えておくと良いでしょう。

サラリーマンが大家も行う場合には、本業との兼ね合いで、大家としての業務にどの程度のウエイトを置くのかといった、自分なりのスタンスを考えておくと良いでしょう。 将来的には物件を増やしてアーリーリタイアするのが目的なのか、サラリーマンは定年まで続けるけれども、副収入を得るという目的なのかで、経営スタイルや選ぶ物件、管理をどこまで自分で行うかなどが変わってくるからです。 また、意外と見落としやすい点が、会社の競業避止義務との兼ね合いです。一般的な会社では、相続などで入手した物件の経営することは問題視されませんが、これも業界に依りますので、内規を確認しておくと良いでしょう。 内規に違反まではしなくても、会社の人に知られたくないといった場合には、住民税の特別徴収を普通徴収に変えておくと便利です。